密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

超簡単!このパーツを使えば無縫製でヘッドライトを装着が超楽ちんなネックライトに改造できる!その他釣り用品のバックル修理にも!

2022年7月25日月曜日

製品情報 釣り道具購入記

t f B! P L

 みなさまこんにちは!

以下の記事に書いている通り、例年のこの時期ご近所の浜では、イナッコパターンが本格化するはずのシーズン。

この時期のナイトゲームに関しては、沖の流れを狙うウェーディングよりもオカッパリの方がはるかに釣れる可能性が高いのですが、今年の夏は空梅雨だったのが影響しているのか、それとも昨今の気温上昇が影響しているのか、いつもの浜では全くシーバス釣れてないみたいですね。 

私も何度か様子を見に行きましたが、毎度シャローは水温アツアツの状態で、例年良く釣れるはずの7月は通算でセイゴ一匹だけ。

このまままともなサイズのシーバスを釣ることなく、7月も終わってしまいそうです。

ライトゲームも大好物のメバルがもうシーズンを終えてしまったし、アジもまだまだ小さいので、すっかりやる気を失ってしまって、最近ろくに釣りにも行っていません。

釣りに行かないと新しい道具なども欲しくなくなってきて、物欲も低下中。

ということで、最近は釣り道具よりも、釣りに使うコンパクトライトにハマっています。

先日も、AmazonのPrimeDayセールで、良さげなのを見つけたのでポチってしまいました。

CREE XP-LシリーズLEDチップ搭載:Cree XP-L V6 LEDチップが搭載され明るさは最大520ルーメン(750mAh 14500リウム電池給電の場合)、照射距離は最大67メートル。 多種のモード:明るさは無段階切替え可能。Turboモード+SOSモードも搭載。使用電池:AA電池×1 あるいは 14500リチウム電池×1(電池は別売り)サイズ:70 mm(H) x 24.5 mm(L)  重さ: 本体76g(電池なし) ヘッドバンド着用時96 g(電池なし)

このThruNiteというメーカー、中国のハイテク企業が集結する深センにある、ライト専業メーカーなのですが、よくAmazonで売ってる胡散臭い中華メーカーのものとは違い、かなり高性能高品質なライトをリリースしており、以前もT1というモデルを買って、そのあまりの高性能、高機能ぶりにいたく感動させられました。

今回買ったヘッドライトのTH20は、14500バッテリーでも単三(AA)電池でもエネループでも稼働する、電池1本最大520ルーメンのコンパクトヘッドライト。

日本メーカーのものでAA一本駆動で、これだけの明るさを出せるアイテムって、なかなかないですよね。

しかも、明るさは無段階調光可能で、メモリー機能も付いているので、まさに自分の好みの明るさでON/OFF出来るのです。

数ある釣り用ヘッドライトでも、ワンボタンでこれほど優れたユーザーインターフェースを備えたライトは、なかなか無い。

ということで、2016年製と少々古いライトですが、買って大正解だと思っていましたが、ちょっと不満なのが、装着用のベルト。

個人的に、ヘッドライトは頭に装着はせず、フローティングベストの肩に装着するか、首から掛けてネックライトとして装着するかのいずれかなのですが、このライトのヘッドベルトはそういう使用方法を想定していないシンプルな単機能なゴムベルト。

まあ、ヘッドライトとして販売しているから、当然と言えば当然なのですが。

以下のように、ネックライト用のベルトという製品もあるにはあるので、これに交換するというのも手なのですが、お安めのヘッドライトが買えてしまうくらいの価格で、ロゴの主張が強すぎるところちょっとなぁ。

近年、ZEXUSでSシリーズ専用のネックベルト、ヘッドライトを首に装着するスタイルに注目しバックルを装着することでワンタッチ脱着を可能にしたSシリーズ専用のネックベルトが遂に解禁 !頭からかぶる必要がないので服装に関係なく簡単に装着が可能首から下げて長時間釣りができます。

そういうことで、このライトのベルトを、昨今のネックライトのように、バックルで簡単に装着できるタイプに改良しようと、Amazonでいろいろ探して以下のパーツを見つけました。

縫製不要で交換できるプラスチックバックル。一般的なヘッドライト用ベルトに適合する25mmの他、38mm、50mmサイズなどもラインナップされているため、釣り用品のバックル修理に最適!

このパーツ、バックル両サイドのベルト通しに切れ込みが入っており、ループ部分をここに通せば、通常のバックルのように縫製作業を行わなくとも簡単に装着できるもの。

昔からアウトドア用品では、SeaToSummitが「リペアバックル」としてこのタイプの商品をだしていますが、結構流通量も少なく、通販でも本体価格より高額な送料を取られてしまうケースがほとんど。

バックル修理などに縫製不要で装着できる定番の修理用バックル。

なので、これは諦め、代替品をより安価で送料無料のAmazonで購入した次第。

早速これを、ThruNiteのTH20に装着してみました。

まず、TH20のベルトは取り外せないよう縫製されているので、そのベルトループとアジャスターのコキに手作業で切り込みを入れて、ベルト終端のループを取り外し可能タイプに改造します。

GENTOSやZEXUSなど、釣りでよく使われるメーカーのパーツは、最初からこんな風に取り外し可能タイプになっているんですけどね。

で、その切れ込みをくぐらせて、ベルトループを外し、件のパーツに差し込むだけ。

たったこれだけで、リリースバックル付きのベルトに変身させることができました。

バックルがあるだけで、ネックライトとしての首への装着が超楽ちんに。

いちいちゴムベルトのわっかを頭に通す必要が無いので、フード付きのウェアを着用している場合などは非常にありがたいですね。

もちろん、従来通り頭に装着することも問題なくできます。

ということで、ネックライト化のちょっとした改造ですが、これによってライトの利便性は大幅アップ!

今回改造してみたライト以外でも、一般的なヘッドライト全般で有効なカスタマイズだと思いますので、宜しければ是非試してみてください。本当に快適ですよ。

縫製不要で交換できるプラスチックバックル。一般的なヘッドライト用ベルトに適合する25mmの他、38mm、50mmサイズなどもラインナップされているため、釣り用品のバックル修理に最適!

なお、この記事で改造したThruNiteのTH20というヘッドライトのインプレ記事も書いています。宜しければご覧になってみてください。

CREE XP-LシリーズLEDチップ搭載:Cree XP-L V6 LEDチップが搭載され明るさは最大520ルーメン(750mAh 14500リウム電池給電の場合)、照射距離は最大67メートル。 多種のモード:明るさは無段階切替え可能。Turboモード+SOSモードも搭載。使用電池:AA電池×1 あるいは 14500リチウム電池×1(電池は別売り)サイズ:70 mm(H) x 24.5 mm(L)  重さ: 本体76g(電池なし) ヘッドバンド着用時96 g(電池なし)

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *