密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

クソライン認定してたあのラインをもう一度巻いて使ってみたら思ったほどは悪くはないかも!?

2022年10月16日日曜日

シーバス 雑記 製品情報 釣り道具購入記

t f B! P L

みなさまこんにちは。

旧ブログでさんざんdisってしまったあのPEラインを、先日ひさびさに巻いてみることになりました。

そのラインとは、コレ。

もはやモザイクの意味もありませんな。わかる人は分りますよねw

クソライン汚名返上なるか?

そう、シマノの4本撚りPEライン、PITBULL4です。

以下記事に書いてたスプールに、シーガーPEX8ルアーエディションを巻いてたのですが、これが結構使い古してボロボロになってたので、巻き替えようとした次第。

しかし、残念ながら家に在庫があったのは一時期たたき売りされていたのに今や結構な高額商品になってしまったシーバスPEパワーゲームデイタイムX8のみ。

どうせ最近シーバス釣りにはほとんど行ってないし(興味を失ったわけではありません。釣れてないって聞くし、行くタイミングがないだけ)、そんなに登場頻度が高くない予備スプールに、そんないいライン巻くのももったいないよね。

ということで、ラインの在庫をガサゴソ探っていて出てきたのが、2018年に購入して、初めて使ったその日のうちに速攻クソライン認定して使うのをやめてしまった、PITBULL4スーパーブルーの1.0号。

1回、数時間使っただけなのでほぼ新品。

予備スプールに巻くんだったらこんなのでもアリじゃね?ということで、性懲りもなく再び巻いてみた次第。

もう一度だけチャンスをあげよう

で、さっそく先日使ってみました。

使ってみたら、実はなかなかいいラインだったなんてこともあるかも知れませんしね。

まず、キャストフィール。

4本撚りだけあって、キャスト時にもやっぱりノイズ感は大きいですが、北風が多いこの時期、まあそのわりにそこそこルアーは飛びますね。

飛距離面では問題なく、いいんじゃないでしょうか。

で、試しにルアーをバイブレーションに替えてキャストしてみると、まあ投げるまではいいのですが、やはりリトリーブ時のノイズが酷い。

硬度的にありえないんですが、マジでガイド削ってるんじゃねえの?というくらい、ゴリゴリ、ゴリゴリと摩擦音と糸鳴りが響き渡ります。

前回使用したときはこのフィーリングにどうにも耐えられず、即日使用停止としてしまいましたが、まあ言っても実売1000円以下と、格安8本撚りPEの半額程度の価格のラインなので、これはこれで仕方ないかなと思えてきました。

たしかにバイブレーションのリトリーブ時の音はたまったもんじゃありませんが、このノイズのひどさはPITBULLだからっていうより、4本撚り全般に言えることですよね。

昔一瞬使ったG-SoulX4も大抵な音がしてましたし。

バイブレーションだから気になるけど、プラグやシンペンをゆっくりリトリーブする分には、ガイドノイズも我慢しきれないほどではない。

使っているうちに、安いんだからこのくらいの音はガマンしてもいいかなと思い始めてきました。 

確かにノイズは酷いけど、編み込みが太い4本撚り、私が釣りをするシャローのオープンエリアでは耐摩耗性はそこまで要求されませんので興味ありませんが、きっと長期にわたる使用においてのライン自体の耐久性は良いことでしょう。

やはり今回もアレが多発!

そんなことを考えながらキャストしていると、ルアーの飛行中にガイド付近から「カコン」と変な音が。

そう、お約束のエアノットです。

まあ、以下記事のおまつりほぐしアイテムで速攻直したので、釣りは続行できましたが。

しかし、その後、1時間程度しかキャストしていないのに、さらに2度もエアノットが再発。 

PEライン使用時にたびたび悩まされるこのエアノット、原因はラインの「ヨレ」。

そこまでエアノットが頻発するってのは、使ってるリールのラインローラーの回転がダメになってるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、同じリール本体で、シーバスPEパワーゲーム(使い古したライン)を巻いた別スプールに交換してキャストしても、こちらは全くエアノットは発生しませんので、ラインローラーのせいではないでしょう。

初めて使ったときにもそうでしたが、やっぱりこのライン、エアノット多発しますよね。

結構インプレでそう書かれている人も多いですが、やはりその通りだと思います。

タイトルにある通り、一度はクソライン認定した後、もう一度使ってみたら思ったほど悪くないかも!と思いかけていましたが、やはり撤回。

再度クソライン認定しますw

おそらく二度と買うことはないでしょう。 

汚名返上とはなりませんでしたな

ということで、私は橋脚攻めとかドリフトの釣りとかもまずしませんので、今後も敢えて4本撚りを買うメリットは無しということで、おとなしく今まで通り8本撚りラインを使うようにしようと思います。 

ちなみに、同じPITBULL4は、真冬のシーバス用に0.4号も買って一時期使用したことがありますが、そちらもエアノットが多発しました。

他のラインに比べて硬すぎるわけでもしなやかすぎるわけでもなく、使用感としては中庸なイメージなので、このラインだけエアノットが多発する理屈はいまだにさっぱりわかりませんが、やはり、エアノットに弱いラインなのは間違いないと感じています。

同じシマノでも、PITBULL8、12や、PITBULL4+、PITBULL8+は全然ライントラブルが発生しないのに、不思議ですね~。 

ということで、やっぱりシーバス用には個人的に東レのシーバスPEパワーゲームが一番だなと思いますが、残念ながら東レはちょっとお高いので、本気で釣りをするシーン用のいわば「勝負パンツ」的なアイテム。

予備スプールの方には、そんな勝負パンツではなく、消耗品だからと割り切って、細かいことを気にせず使い倒せる格安PE、要はユニクロやヘインズのパンツでいいんですよ。

てなわけで、PEライン界のユニクロパンツを補充しないとね。

いつもだったら、コスパに優れるシーガーPEX8を補充するところですが、 たまにはいつものヤツではなく新しいラインを使ってみたくなるのが釣り人の性。

ということで、まだ巻いていませんが、愛用者からは結構高評価なこのラインを初めて買ってみました。

ショアゲーム専用ハイパワーPEライン 8本編みで滑り抜群、超遠投を可能にした次世代ライン 低伸度、高感度のため細かなルアーアクションに対応 色落ちや変色がしにくいPD加工を採用 視認性の高いスーパーホワイトカラーを採用(25m毎にパープルのマーキング付) 台紙にリーダーとの推奨ノット記載

巻いてしまったPITBULL4がゴリゴリのエアノットで引退することになったら、次はコレ巻いてみようと思います。

あまり中身のない話でしたが、今回のお話はおしまい。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

なお、タックルやルアーなどのインプレ記事は姉妹サイト「続・スモールフィッシング」で書いています。よろしければこちらのサイトもご覧になってみてください。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *