密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

アジング、メバリングに超効果抜群のあの秘密兵器が先日まさかの故障?!アレを使うときは絶対コレに注意!

2022年8月13日土曜日

雑記 製品情報

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

今年の夏はホームのシーバス釣り場が近年まれにみる絶不調なので、ライトゲームばかりやってます。

とはいえ、もう夏になってメバリングシーズンは終了しちゃったので、最近はもっぱらお手軽な堤防ナイトアジング。

この時期は漁港などだと豆中心の釣りになるのが残念ですが、ちいさなアタリをうまく合わせないと掛けられないのがまあまあおもしろいです。

そんなアジングナイトゲームで、超効果抜群なのが、以下記事でご紹介したハピソンのアジングライト YF-502。

本当にこれを使うようになってからボーズ知らずといった感じで、アジが居るところなら確実に効果のあるアイテムだと感じています。

水面にターゲットを寄せる!夜のサイトフィッシングに最適!•表層に魚を寄せてヒットポイントを絞り込む•魚を寄せる波長500nmの青緑色や用途を広げる電球色にも切り替え可能•ポイントに合わせて角度調整が可能で明暗の境界が作れる•雨でも使える防滴構造(IPX4)•アジ・メバルだけでなくタチウオやホタル以下などにもおすすめ

まさかのトラブル発生!

このアジングライト、複数の釣行で使用してみて、アジだけでなくメバリングでも明らかに効果が体感できたので、非常にお気に入りのアイテムなのですが、先日ひさびさにトランクから引っ張り出してみると、なんと点灯しなくなっていました。

んん~?最後に使った時からだいぶ日数は経過しているものの、壊れるようなことは何もしていないのになぜだろうと思いながら電池ケースの蓋を開けると、内側がトンデモない状態に。

超ひさびさに体験しました、これはアルカリ乾電池の液漏れですね。

使用していた単一電池は、このアジングライトを購入した時に一緒に購入したAmazonブランドの単一アルカリ乾電池なのですが、別に安物電池だからというわけでなく、乾電池は結構挿したまま長期保管してると液漏れ起こすことが多いですよね。

そういえば十年ほど前にもエナジャイザーのヘッドライトで似たような事件がありました。

電池残量もまだまだあるし、しばらく使わないからと電池を入れたまま放置していると、保管条件によっては良く起きるようです。

電池の過放電やショートなんかでも良く起きるようですね。

電池は、なんらかの異常が発生して内部にガスが溜まった際に、そのガスが原因で破裂してしまわないよう、弁を開いて外部にガスを放出する仕組みになっていますが、このガスを逃す際に、一緒に電解液も放出してしまい、これが液漏れ現象になる次第です。

トラブルを回避するための運用と注意点

アジングライトは車のトランクに積みっぱなしだったので、そのせいで起きてしまったのかもしれません。

まあ今回は、液漏れにより錆びた箇所を丁寧に掃除して、接点が復活すると無事ライトは点灯してくれましたので、良かったのですが、この件から教訓を得ることができました。

ライトを台無しにしたくなかったら、電池を入れたまま車のトランクなどに放置しないこと。

めんどくさくても、使用後は電池を抜いて別々に保管した方が良さそうですね。

なお、このアジングライト、Ni-MH充電池でも問題なく稼働します。

とはいっても、単一のNi-MH充電池は相場一本1000円以上と高額品、さらに、単一に対応できる充電器は大型で、そうそう種類があるわけでもありません。

ライト本体7000円くらいに、充電池4本で4000円以上、さらに充電器で数千円の出費となると、ちょっとコスパ的にどうなの?と思っちゃいますよね。

しかし、単三充電池を、単一型に変換してくれる以下のアダプターを使えば、普段使いの充電池+充電器で、アジングライトを運用することが可能です。

本物の単一サイズと遜色ない容量にすることができる点で、1本しか入らないものより圧倒的に有利。3本入れると電池が長持ちします。もちろん1本セットでも使用可能!

このアダプター、実際に使ってみましたが、アダプター内部は3本の電池を並列つなぎするものなので、もちろん一本だけ挿した状態でも電池として機能してくれます。

3本挿せば当然、電流は同じでもトータルの容量が上がるので、もちろん3本同時挿しが良いのですが、Panasonicの一般的なエネループをアジングライトで実際に使ってみたところ、18時から24時ごろまでのナイトゲーム程度なら、一本挿しで一晩持ってくれるようです。

サイズ:単3形、入り数:4本入り、寸法:約Φ14.5×50.5mm、くり返し約2,100回使える、外装が抗菌加工、低温特性にすぐれ、マイナス20度の寒い場所でも性能を発揮、Amazon.co.jp限定カラー

さすがに2釣行、3釣行分は持ってくれないと思いますが、このアダプターに一本挿しでNi-MH充電池を使えば、イイ感じに釣行毎に終わったら電池を抜いて充電すれば良いわけで、こういう運用をしていれば、そもそもアルカリ電池よりも液漏れ可能性の少ないNi-MH充電池ということもあってさらに液漏れ被害の発生確率を下げることが可能です。

さらに、単三をアダプターに一本挿しした電池4本で使えば、単一を4本挿した状態よりもかなり軽くなるので、持ち運びも楽になりますね。

このように、いいことずくめのNi-MH充電池での運用、アジングライトはもちろんのこと、バッテリーライフが足りるようならアウトドア用ランタンなど、他の単一乾電池使用機器にも応用が効くと思いますので、電池のトラブルが起きてしまう前に、気になる方は是非試してみてください。

ということで、小ネタでしたが今回のお話はおしまい。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

水面にターゲットを寄せる!夜のサイトフィッシングに最適!•表層に魚を寄せてヒットポイントを絞り込む•魚を寄せる波長500nmの青緑色や用途を広げる電球色にも切り替え可能•ポイントに合わせて角度調整が可能で明暗の境界が作れる•雨でも使える防滴構造(IPX4)•アジ・メバルだけでなくタチウオやホタル以下などにもおすすめ
本物の単一サイズと遜色ない容量にすることができる点で、1本しか入らないものより圧倒的に有利。3本入れると電池が長持ちします。もちろん1本セットでも使用可能!

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *