密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

ついに廃盤になってしまったあのルアー、実は隠れた実力派だったんじゃないの?今からでも遅くないので買うべし!

2022年5月27日金曜日

雑記

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

私はかれこれ、二十代後半からシーバスルアーフィッシングをやってきたので、20年以上に亘って数多くのシーバスルアーに触れてきました。

当時から変わらぬ姿で販売されてつづけているロングセラーモデルのルアーもありますが、いつの間にか世の中から消え去ってしまったルアーも多数あります。

いわゆる、廃盤ってヤツですね。

特にプラグ系は、どうしても金型の価格が高いせいか、中小ルアーメーカーの多くはセールス上あまりヒットしていなくても、しっかりモトをとるまで?しつこく販売し続けてくれるところが多い気がしますが、ダイワ、シマノ、DUELなど資本力のある総合メーカーやルアー大手はセールスの動向次第で簡単に廃盤にしちゃいますよね。

まあ、ルアーに関しては大手も中小も自社生産はすくなくOEM供給が大半なのですが。

今年はあのルアーがついに廃盤

それはさておき、そんな廃盤で悲しいお知らせ。

いつカタログ落ちしてもおかしくないと全国のアングラーからボロカスに言われていた、シマノのボラコノ80Fが、2022年、ついに正式にカタログ落ちしてしまいました。

2022年カタログでもWebサイトでも既になかったことにされています。

シマノは、エクスセンスブランドを立ち上げた2009年頃にリリースしたルアーである、サイレントアサシン、ゴリアテ、トライデント、サルベージといった、いわば創立メンバーみたいなルアーは結構頑張って継続していますが、ちょっとセールス的にイマイチかな?ってルアーはあっさり切り捨ててしまいますよね。

ここ数年のエクスセンスブランドのプラグを思い返しただけでも、イノ、デプスレス、フォルトゥーナ、ワイロー、スタッガリングスイマー(後に復刻)、エスクリムと、消え去ってしまったルアーは数知れず。

イノやデプスレスに至っては、名前を思い出すのも一苦労ですなw

それらの面々に、今年はついにボラコノ80Fも仲間入りしてしまったのです。

登場時はみんな注目していたハズ!

そんなボラコノ80Fが初登場したのは2017年春。

最近はかなり陰りが見えてきたシーバスフィッシングが、そのブームの頂点にあったころですかね。

この頃は、各メーカーからタックル同様、新作ルアーも競うように多数リリースされていましたね。

そんな中、2016年のCooに続いて登場したボラコノ、当時のYoutubeなどでは、おそらく開発に大きく関わっていたであろう嶋田仁生氏や、当時まだシマノインストラクターであった泉宏文氏なども、今年注目のルアーとしてボラコノを取り上げていました。

オカッパリシーバスなどには微塵も興味がないであろう、あのキングジムこと村田基氏も注目していましたよね。

個人的には誰が注目してるとかはどうでもいい話ですが、私も以下記事にある通り、リリースされてすぐに買ってしまいました。 

それまでノースクラフトのBMCや、タックルハウスのK2R112、シマノのCOOなど、フローティングペンシル的なルアーはいくつか存在しましたが、シャッド形状、かつリップレスというタイプで80mm前後というサイズ感のルアーは、ブリブリと大きなウォブリングで泳ぐノースクラフトのエアオグル70F以外になかったような気がしますので、ボラコノの広告を見るたびに、「これは新機軸のルアーだ」と勝手な期待感が高まって購入しちゃった次第です。

そういえば、個人的にお気に入りルアーだったエアオグルのFタイプもいつの間にか廃盤になっちゃってますね。

その後の凋落の理由とは?

そんな風に、宣伝目的ではあるでしょうが、多数の著名アングラーから期待され、おそらくはシーバスアングラー界隈の一般ユーザーからも少なからぬ期待を受けて発売されたボラコノ、なぜたった5年で廃盤の憂き目にあってしまったのでしょうか?

あとから強鱗カラーなども追加されましたが、おそらくセールス面で持ち直さなかったんでしょうね~。

個人的な考察になりますが、大きくは以下の要因があったのではないかと思います。

1.思ったほど飛ばない

2.イマイチ泳ぎがはっきりしない

3.これじゃなきゃ!という使いどころが曖昧

1.については、いまだにCOOなどでも言われますが、X AR-C(現在はジェットブーストと呼ばれています)機構を搭載しているにもかかわらず、ボラコノは他のエクスセンスルアーに比べてキャストフィールと飛距離がイマイチ。

正確にいうと、50m以上はちゃんと飛びますし、80mm12gというウエイトのフローティングルアーとしては十分すぎるくらい平均以上の飛距離をたたき出せるルアーだと言えるのですが、扁平フォルムのシャッドシェイプにやや軽めのウエイトという事で、このボラコノ、確かにキャストフィール面では実飛距離以上に飛んでいないような印象を受けてしまいます。

実は結構飛ぶルアーなのですが、ユーザーの間で飛ばないイメージがついちゃったってのはあるかもしれませんね。

2.については、フローティングのリップレス故に、ヘッド部分に水受けを目的としたらしいカップはついているものの、スローピッチでロール主体のメリハリのない泳ぎに、シンペン並みの手ごたえの少ないリトリーブフィールということで、ユーザーからアピール力に欠けるイメージを持たれてしまったのではないでしょうか。

実際にはなかなか良い泳ぎだと思いますが、使用感も含めて特に初心者層などには、これじゃ釣れそうにないなとイメージされてしまいかねないキャラクターだと思います。

3.については、上の1.2.と合わせての総合的な意味で、いまいち多くのユーザーに「このシーンではボラコノだ」と思ってもらえるような出番が少なかったのかもしれません。

実際のところは、水面下10cm前後のレンジを超デッドスローでキープできるルアーって、非常に数が少ないので、特にウェーディングのナイトゲームなんかでは絶対に出番が多いと思うんですけどね~。

1.の飛距離、2.の泳ぎとも関係しますが、あまりオープンエリアで居るかどうかわからない魚を探すタイプのルアーではなく、ボラコノはどちらかというとフォロー系。

魚の気配が近くに感じられるとき、あるいは魚が居そうな比較的クローズドなエリア、あるいは流れの中で、しっかりじっくり見せて食わせる系のルアーだと思うのです。

ボラコノ、実は実力派ルアーだったんじゃないの?

そういうわけで、あくまで個人的見解ですが、ボラコノはその実力を発揮するシーンであまり投げてもらえない、悲しいルアーだったのではないかと感じています。

しかししつこいですが、フローティングで食わせのロールアクション、派手過ぎないヌルヌルとしたスローピッチのアクションで、なおかつ水面下10cm前後をデッドスローでキープできるルアーっていうのは他にはそうそうありません。

シーバスルアーは、宣伝目的、あるいはユーザーの承認欲求から、必要以上に性能差があるかのように喧伝されたり、このルアーじゃなきゃ釣れない、このルアーはクソだみたいな評価が発信されたりしていますが、基本的にどんなルアーでもその特性にあった使いどころで使ってやると、必ずシーバスは釣れます。

キャラクターの違い、使用感の違いがあるだけで、「これじゃなきゃ食わない」「このルアーは食わない」なんてことはまずありません。

そう言う次第で、あまり使ってもらえないが故に多くの人にその実力を体感してもらえなかったであろうボラコノ80F、本当は隠れた名作くんだったかもしれないのです。

以下の記事にも書きましたが、今年は数年ぶりにCOO縛りで釣りをしてみたら、想像を超えて釣れるルアーだということに初めて気づきました。 

個人的にCOOは釣れない、使い道がないクソルアー認定していたのですが、実際にコレ縛りで釣りをしてみると、釣れないのは投げないから、使い道がないのはルアーの特性を深く理解していなかったからだということに気づかされました。

なので、COO同様、買ってから全然投げていなかったボラコノも、使ってみると思わぬ発見があるはず。

今年はもう少しハクが成長したら、このルアーをじっくり使い倒してみようと思います。

もう二度と手に入らないかもしれないので、欲しい各色買い揃えました。

もうカタログ落ちして今後生産は見込めないルアーなので、気になる方は今のうちに是非買い溜めておいてください。

以下記事にあるような、TKRPの水面爆発で釣れるようなイナッコパターンのシーズンでは、TKRPより少しレンジを入れたフォロールアーとして、きっと大活躍してくれるハズだと想像しています。

投げて巻くだけ、ボラ・コノシロなら!に特化したフローティングシャッド 水面直下をゆっくり泳ぐボラやランカーシーバスが大好きなコノシロをイミテートした強いシルエットのボラコノ80Fは、元々カラー名に使われていた実績の高い「ボラコノシロ」を、さらに活かすためにボディを専用に開発・設計しています。高い浮力とヘッドリップが表層直下のスローリトリーブでもワイドなローリングアクションを誘発させる設計です。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *