密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

2022年秋~2023年、モデルチェンジされたら絶対に買うタックルはコレだ!

2022年2月18日金曜日

雑記 製品情報

t f B! P L

みなさまこんにちは。

先週、PayPayモールで、ダイワの新作、モアザンブランジーノの87LMLがなんと13000円以上も還元がある状態で予約受付をしていました。

私は個人的にシマノ派で、今はダイワ釣り具には正直それほど興味がないのですが、20年位前まではシマノよりダイワタックルを使うことの方が多かったくらいで、元はといえばゴリゴリのダイワユーザー。

しかも、87LMLは先代を何度か触らせてもらったこともあるので、いかにいいロッドであるかはよくわかっています。 

そんな87LMLがモデルチェンジ、しかも重量驚きの90g台とあっては、コリャいっとかないと!

先日、ソアレXRのS80をカートに入れて決済しようとPayPay残高をチャージした直後にまさかの在庫切れになってしまったという事件があったばかりなので、幸いPayPay残高は潤沢にあるしw

再び悪夢が訪れる

しかし、一応Yahooプレミアム会員の私は、「日曜まで待ったらさらに還元率アップするんじゃないか?それにソアレXRと違ってこのモアブラは予約枠だから在庫切れとかにはならんでしょ?」とPayPay還元に目がくらんで、カートに入れたまま日曜日になった瞬間に決済してやろうと目論んでいました。

すると、なんと翌日朝にはそのカートに入れていたモアブラ、「当該商品の掲載は終了しました」の表記に。

きっと最後の予約枠を買っちゃった人が居たんでしょうなぁ。

うーん、またしてもロッドを買いそびれてしまった。

しかししかし、その後ちょこっと#楽天偵察してみると、なんと先週品切れになったはずのソアレXR S80UL+が在庫復活してるじゃないですか。

同じショップのPayPayモール店でも在庫復活してる!

ソアレが目指すライトゲームは「PE0.8号以下のライトなタックルを駆使して多彩なターゲットに挑む世界」。ターゲットは決してメバル・アジだけではなく、釣り方もしかり。大事にしていることは、どんなリグでどのように釣りたいか、そしてそれに一番適したロッドは一体どれなのか。四季折々のライトゲームを楽しむために生まれたソアレ XR。

楽天経済圏どっぷりでない私は、SPU還元率UPはそれほど期待できないのですが、高還元の日曜日PayPayモールを待って注文しようとか悠長なことを考えてるとまた買えなくなるなと思い、楽天で高還元になる18日の市場の日(詳しくはこのページをチェック)を狙ってポチろうと、このソアレXRを、今度は楽天でカートに入れて待ってました。

あと30時間ほどで18日、この前買いそびれたソアレXRがついに買える!と思ってその日は眠りにつきましたが、なんと翌朝もう一度カートをチェックしてみると、まさかの在庫切れ!

あれ?再入荷したと思ったのに、また誰かに先を越されちゃったの?

二度あることは三度ある。もうあきらめた方が良さそうですな。

シーバスロッドはアレがモデルチェンジされたら買うべ!

ということで、前置きが長くなりましたがここからが本題。

もう今年春の新作は初回生産分は手に入らないでしょうし、昨年秋の新作ソアレXRも次回生産待ちでしょうなということで、秋の新作発表に期待するしかありません。

で、秋に期待できるといえば、エクスセンスの新製品

以下記事にも書きましたが、エクスセンスジェノスが細々と追加生産、出荷されている中、インフィニティについてはやはりかなり長期にわたって流通が滞っているようなので、この秋のエクスセンスインフィニティのモデルチェンジはかなり現実味を帯びてきましたね。

再びインフィニティの名を冠したロッドになるのか、はたまたリミテッド?エクスチューン?という名称になるのかはわかりませんが、2017年のインフィニティ登場時に購入できなかったS900ML/RFの後継機が出るならば、今度こそ予約購入しようと考えています。

7月末現在、Amazonは予約受付前、Yahooや楽天では一店舗が予約受付開始していますね。ボタンのリンク先はキーワード検索結果としているので、他にも予約受付を開始した店舗があれば表示されると思います。

ここ数年間で結構な本数のシーバスロッドを買ってきましたが、それらを一通り使ってみた結果、一週回ってやっぱりインフィニティの良さがよく分かったような気がするので、モデルチェンジされたら絶対買おうと思っている次第です。 

今まではシチュエーションに合わせて複数のシーバスロッドを使い分けるようなことをしていましたが、どうせ釣りに行くのは一か所、いつもの浜だけですし、完璧なロッドが一本あればそんなに本数要らないですよね~。 

そういえばヤマガのバリスティックも長い間モデルチェンジされてないですが、コレも気になりますね~。

でも、近年のヤマガはどうもLとかMLのロッドは作るつもりなさそうなのでどうせ欲しいモデルは出ないでしょうし、上で書いた通り、もうあれこれ浮気はせずにMLあたりで理想の1本があればいいかなという感じなので、まあ関係ないですかね~。

買い逃したソアレXR代替はアレ!

夏秋用のシーバスロッドは、既にワールドシャウラ2831と2832、そして先日深く考えず勢いで買ってしまったエクスセンスMB S88ML-5があるので、上記の通り浜でのメインロッドとなる9ft前後のMLが一本あれば、正直もういらないのですが、問題は厳寒期から早春にかけてのシーバスロッド

この時期のシーバス用ロッドとしては、これまでメインがワールドシャウラ2750FF-2で、シチュエーションに応じてサブロッドとしてブルーカレント85TZ/NANOと83TZ/NANO、ワールドシャウラ2701FF-2や完全にメバルロッドのソアレエクスチューンS76UL-Tなどを使ってきました。

しかし、数年この組み合わせでやってみて、メインの2750FF-2は特に不足は感じないのですが、ブルカレの2本はチョイ長すぎ、ワーシャ2701はチョイ短か過ぎ、エクスチューンは適合ルアーウエイトがチョイフィネス過ぎって感じで、どれもドンズバな感じがしないんですよね~。

なので、メバルプラグでも普通にキャストできて、2750FF-2と同等クラスのパワー感でジャスト8ft前後で軽めのいい感じの竿がないかと探しいて、ソアレXRのS80UL+に白羽の矢が立った次第。

実は、ブルーカレント77TZ/NANO StreamSpecialが上記のような条件にずばり当てはまりそうなロッドなので、本当はコレが欲しいのですが、同モデルは2015年に発売されたロッド。

もう発売後7年も経過したロッドを今買うと、きっと買った直後にモデルチェンジされちゃうでしょ。

ということで、興味津々なのにどうにも買う気になれないんですよね。

早くモデルチェンジしてくれないかなぁ~。

リールは当分おあずけだけど、アレが出たら買うよね。

一方、リールの方はといえば、2022年春の新作で、ライトゲーム用にはステラC2000SHG、シーバス用にはC3000XG、あと、ジグ単専用でソアレXR 500SSPGを既に予約してしまっているので、これらが届いたら正直当分要らないかなって感じですかね。

しかしそれでも気になるところとしては、もうモデルチェンジはほぼ確で2023年には発表されるであろう次期ヴァンキッシュ

正直言って、シーバス以上の釣りではステラがあればヴァンキッシュは要らないと思いますが、以前記事で書いた通り、ライトゲーム用としてはヴァンキッシュ、結構いいんですよね。

で、次期ヴァンキッシュがどんな内容になるかですが、予想ではステラが採用した以下の新機能を、そのままヴァンキッシュでも採用してくると思っています。

  • インフィニティクロス
  • インフィニティループ
  • インフィニティドライブ
  • アンチツイストフィン
  • DURAクロス
  • 新形状スプールリング

それぞれがどのような新機能であるかは、以下記事をご参照ください。

順当に行けばライトゲーム用のヴァンキッシュって、C2000SHGで決まりのように思えますが、次のモデルチェンジでは、個人的にC2500SXGがねらい目かなと思っています。

'22年のステラのモデルチェンジで「C2500」サイズが、1000番ボディでただスプール径が1mm大きくなっただけのリールに変更されてしまいましたが、間違いなく'23ヴァンキッシュのC2500SXGも同じ構成(C2000ローター+1000ボディ+ちょい径が大きいC2500スプール)で出してくるでしょう。

'22ステラC2500SXGは、バスとかエリアトラウトの大物狙いとかする人以外は、特段興味の沸かないモデルかなと思いますが、次期ヴァンキでなぜこの番手を狙うかというと、その理由は「ギア比」。

もともと’19ヴァンキッシュは各種軽量化の恩恵で、非常に巻きが軽いリール。

ハイギアモデルのC2000SHGやC2500SXGですら、巻きが軽すぎてスカスカに感じるくらい。

なので、シーバスやメバルプラッギングのように流れを感じてリトリーブするような釣りでは、現行ヴァンキッシュは(個人的には)正直とても使えたもんではないと思っています。

特に、ハンドル互換性がH-11で50mm長のC2500SXGは最悪。

もともと巻きが異様に軽いのに、50mmと長めのハンドルのせいで、余計に巻きがスカスカに感じられ、リトリーブによって流れの変化を掴むのが非常にやりにくいのです。

しかもH-11規格では50mmより短いカスタムハンドルは存在しないので、ハンドル長で巻き心地を調整することも出来ませんし。

しかし、次期ヴァンキッシュC2500SXGは、ボディが1000規格になるため、ハンドル互換性はH-10になるはず。

そうなれば、おそらくデフォルトでは45mmハンドルが搭載されると予想されますが、H-10規格であれば、40mmのカスタムハンドルや、現行ヴァンキッシュのC2000S用の40mm純正ハンドルなどに付け替えることが可能。

そうすれば、スカスカ感の無い巻きが実現できそうです。

正直言って径が1mmデカいだけの中途半端なスプールには全く興味がないですが、C2000サイズのリールや、1000~C2000サイズの夢屋スプールはたくさん持っているので、それらとの互換があるから使い道に困ることは無いでしょうし、まあいいかという感じです。

昔BB-Xハイパーフォースコンパクトで使っていたことがありますが、汎用リールでの1000番サイズボディのXGってのもどんなものか非常に興味があるので、これは期待できそうだと思っていますので、買いですな。

モデルチェンジされたら絶対買うタックル まとめ

ということで、最近釣りに行けなくてストレスが溜まってることもあって今回もまた中身のない記事を書いてしまいました。

ホントはこの新生スモールフィッシング、2020年代の釣行記録を残した硬派な釣りブログにする予定だったのですが、これじゃまるでらくがき帳ですなw

それはさておき、内容をまとめると、今後は以下のアイテムがモデルチェンジされたタイミングで購入する予定。

  • シマノ エクスセンスインフィニティ S900ML/RF
  • ヤマガブランクス ブルーカレント77TZ/NANO StreamSpecial
  • シマノ ヴァンキッシュ C2500SXG

予想通りモデルチェンジされるかどうかは分かりませんがw

特にブルカレの77は多分、まだモデルチェンジされませんな。

まあしかし、最近は一時期みたいに「アレも欲しい!コレも使ってみたい!」って欲求がだんだん薄れてきたので、タックル関係で無駄に出費することは無さそうです。

インプレ専門ブログの「続・スモールフィッシング」の方で記事にするネタが枯渇しないか若干心配ではありますが。

ちなみに、次期エクスセンスインフィニティと次期ヴァンキッシュについては、予想記事を以下に書いていますので、宜しければご覧になってみてください。

7月末現在、Amazonは予約受付前、Yahooや楽天では一店舗が予約受付開始していますね。ボタンのリンク先はキーワード検索結果としているので、他にも予約受付を開始した店舗があれば表示されると思います。

ということで、今回のお話はおしまい。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ところで、冒頭で買いそびれていたモアブラEX AGSとソアレXR、結局その後無事買うことができました。以下にインプレ記事を書いています。

もう一つ、この記事を掘り下げて、2022年の秋冬シーズンに発表されるであろう新製品予想を以下記事に書いています。

2022年春のリリース実績を踏まえての予想記事になっているので、若干この記事より精度の高い予想になっているかと思います。

宜しければごらんになってみてください。

(2022年7月19日追記)7月19日に、2022年秋冬のシマノ新製品発表がありましたね。

ということで、早速以下の記事にシーバス・ライトゲーム関連の新製品ダイジェストをまとめました。

宜しければ是非ご覧になってみてください。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *