密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

めちゃ釣れそうなあの新作ルアー、皆さんはもう買われました?2022年はキャンペーンが超絶魅力的!

2022年2月4日金曜日

雑記 製品情報 釣り道具購入記

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

先日の釣行記でも書きましたが、DUOの新作 マニックスロー95を買いました。

マニックスロー

詳細なインプレはもっと使ってから続・スモールフィッシングの方で書こうと思いますが、コレが思ったよりもいい感じ

もともとマニックって、いろんなメーカーにパクられたけれども、ボディの比重はそこそこ重めでよく飛ぶけれども浮上性は高いという点で、やはりオリジナルにしかない良さ、唯一無二な点がありますよね~。 

 

それが、このマニックスローの方は軽量化されたことで、よりスローなリトリーブでも水面直下をキープできるようになり、流れの無い状況やアップクロスの釣りでもよりスローに緻密に攻略できるようになりました

まだこのルアーで魚は釣れていませんが、これはきっと115もハマるはず!ということで、2月発売予定だったマニックスロー115の方が2/3頃から通販各社に並びだしたので、早速2本ポチ! 

「マニック」に 新たに“デッドスロー”モデルが誕生。 ●バチパターンルアーの代名詞「マニック」に 新たに“デッドスロー”モデルが誕生。●レンジやリトリーブスピードの僅かな差が圧倒的な釣果の差となるバチを偏食したシーバス。●マニックスローは、ウォブリングを一切排除した唯一無二のアクション微振動タイトロール(マニックムーヴ)を維持しながらも、軽量化とウェイトバランスの調整により、低速における揚力を向上。●表層を意識しながらデッドスローでしか反応しないセレクティブなシーバスを仕留めるためにチューニングしたスローリトリーブに特化させたマニックである。●ノーマルモデルと組み合わせることで、今まで以上にアプローチの幅が広がった。●マニックは更なる絶対的な存在へ。

マニック95とマニックスロー95の重量差は、それぞれ8gと7gで、わずか1gの差ですが、マニック115とマニックスロー115の重量差は、それぞれ16gと12.5gで3.5gも差があります。

まだ使ってないのでなんとも言えませんが、マニックスロー115の12.5gという重量は、フロートやキャロで使うような長尺ライトゲームロッドでも一応フルキャストできる重量。



今時期のシーバスって、水温が低いせいか体力も瞬発力も全然ないので、個人的に結構メバルロッドを使うことが多いのですが、例えば以下のブルーカレント83TZ/NANOみたいなロッドでも、一応投げようと思ったら投げられるウエイトなので、使えるロッドの幅が広がるのはそれだけでも嬉しい限りですね。

もちろん、低水温期ゆえにスローなアプローチがより効果的であることはいうまでもありません。

ということで、シーバスやる人ならだれでも一度は見たことあるルアーの軽量版、マニックスローは、新製品としてのインパクトは少ないかもしれませんが、超期待できるルアー

特に115の方は人気も出そうなので、欲しい本命カラーが在庫切れになっちゃうまえにポチっておいた方が良いかもしれません。

さて、ここからが本題ですが、毎年この時期恒例のマニックキャンペーン、今年も開催されますね。

詳細は以下に記載していますが、今年のマニックキャンペーン2022は一味違う

なんと、DUOのBayRufブランドのシーバス用新作シンキングペンシルである「シーク85S」のキャンペーン限定カラーがもらえるという内容なのです。

シーク85Sが何者なのか、詳細は現時点では全く不明ですが、キャンペーンページに記載されたシルエットだけ見ると、オーソドックスなスタイルのシンペンのようですね。

いずれにせよ、DUOが作るのだからコレは期待できないはずがない。

ということで、今まで個人的に毎年スルーしてきたマニックキャンペーンですが、今年こそは私も応募してみようと思います。

去年まで買ってたマニックのパッケージ、捨てなくて正解でした(笑)

なお、このマニックキャンペーン2022の応募要領や重要なポイントを以下にまとめておきます。

<対象商品>
ベイルーフ マニック75・95・115・135
※コアマンコラボレーションカラー含む
※マニックフィッシュおよびマニック155は対象外(←要注意)

<応募要領>

  • 製品のバーコード3枚を切り取って送付。
  • 複数口をまとめて応募も可能。
  • バーコードは必ず1枚以上、今期新色(COA0585 夜桜、CCC0584 オニヤンマ、ACC0580 レッドホットチリ、CPA0581 焔レッド、CYA0587 ウロコマズメイワシ)または、マニックスロー95か115を含むこと。
  • 対象バーコードを含まない場合、対象外商品のバーコードの場合、郵送時のバーコード紛失は無効。
  • 郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢を記入し、応募(はがき、封筒いずれも可)。


<送り先>
〒421-0201 静岡県焼津市上小杉701
株式会社デュオ「マニックプレゼント」係

<キャンペーン締切>
2022年4月30日(金)当日消印有効 まで


非常に魅力的なマニックキャンペーン2022、是非皆さんもマニックスローをポチって、ご応募されてみてはいかがでしょうか。

レンジやリトリーブスピードの僅かな差が圧倒的な釣果の差となるバチを偏食したシーバス。マニックスローは、ウォブリングを一切排除した唯一無二のアクション微振動タイトロール(マニックムーヴ)を維持しながらも、軽量化とウェイトバランスの調整により、低速における揚力を向上。表層を意識しながらデッドスローでしか反応しないセレクティブなシーバスを仕留めるためにチューニングしたスローリトリーブに特化させたマニックである。ノーマルモデルと組み合わせることで、今まで以上にアプローチの幅が広がった。マニックは更なる絶対的な存在へ。
「マニック」に 新たに“デッドスロー”モデルが誕生。 ●バチパターンルアーの代名詞「マニック」に 新たに“デッドスロー”モデルが誕生。●レンジやリトリーブスピードの僅かな差が圧倒的な釣果の差となるバチを偏食したシーバス。●マニックスローは、ウォブリングを一切排除した唯一無二のアクション微振動タイトロール(マニックムーヴ)を維持しながらも、軽量化とウェイトバランスの調整により、低速における揚力を向上。●表層を意識しながらデッドスローでしか反応しないセレクティブなシーバスを仕留めるためにチューニングしたスローリトリーブに特化させたマニックである。●ノーマルモデルと組み合わせることで、今まで以上にアプローチの幅が広がった。●マニックは更なる絶対的な存在へ。

(追記)2022年マニックキャンペーンの景品として、以下記事のルアー、ベイルーフ シーク85Sのキャンペーン限定カラーが届きました。実釣インプレを書くのはだいぶ先になりそうですが、とりあえずちょこっとどんなルアーかご紹介していますので、宜しければご覧になってみてください。

なお、マニックスローのインプレは以下記事に書いています。こちらも是非併せてご覧ください。

なお、タックルやルアーなどのインプレ記事は姉妹サイト「続・スモールフィッシング」で書いています。よろしければこちらのサイトもご覧になってみてください。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *