密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

コリャたまらん!ひさしぶりにウェーディングで西宮シーバスを狙ってみました!

2022年4月21日木曜日

シーバス 西宮 釣行記

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

今年もやはり、春のベストシーズンはついついメバル狙いばかりになってしまい、このブログもだんだんメバリングブログみたいになってきました。

 まあ、アジが釣れるシーズンになったらアジングブログになってしまうのでしょうが (笑)

しかし、それではいかんと、今回はひさびさに本職?であるシーバスを狙って、西宮のホームグラウンドにウェーディングでシーバスを狙いにいってみました。

今回はその釣行記です。

おひさシーバスロッドが重すぎる

最近ソアレエクスチューンみたいなメバリングロッドばかり使っていたため、ひさびさにシーバスロッドを触ってみると、どうにもゴツくて重たい。

退院してきたステラC3000XGも、やっぱり重たい。

この時期、5月中旬くらいまでのシーバスは、まだ水温が低いせいでだいぶヒキも大人しいので、ホームの浜みたいなオープンエリアで釣りをする場合、正直言って各メーカーが出してるシーバスタックルってオーバースペックすぎるんですよね。

しかし、4月にもなってくると、巨大ボラやエイがスレ掛かりしてくる確率が上がって来るため、春先までよく使用するソアレXR S80UL+-Sやワールドシャウラ2750FF-2だと、そういうのを相手にするのは若干しんどい。

というわけで、今回はブルーカレント85TZ/NANO All-Range に ヴァンキッシュC2500SXGの組み合わせでやってみることにしました。

しごおわ後、遅い時間からのスタートです。

下げはじめは雰囲気プンプン

釣り場についてみると、平日なのに人が多いですな。

オカッパリの定番ポイントでも、何故か浸かりで釣りしている人も。

ウェーディングって、装備してきたら浸かりたくなる気持ちはわかりますが、正直言って浸かる必要性があるシーンや場所でなければ、できるだけ浸からないオカッパリの方が絶対釣れますよ。

沖にルアーを投げればいいってわけでもないですし。

無駄に浸かるのは、せっかくのポイントを潰しに行くようなもんだから、むやみやたらとやらない方がいいのですが、春と秋は釣り人口が増えるから仕方ないですかね。

といいつつ、私も移動した先で早速ウェーディング開始。

浸からない方がいいって言ったじゃんと言われそうですが、この場所は10m、20m進んでもほぼ水深変化がない、超遠浅のエリアなので、魚が入っていない捨てポイントが分かっているから、そこを浸かりで歩いて沖を狙うためにウェーディングが必要になるのです。

ということで、早速実釣スタート。

ここに居るはず!というところでヒット!

北よりなのが惜しいですが、程よい風が出て、イイ感じに表層の水は動かされています。

潮位高めなので、魚は岸よりに入ってきていそうですね。

だとしたら、ここに着いてるはず!という場所を発見。

この時期、オープンエリアの中でのそういうピンを静かに攻めるには、やはりマニック75が圧倒的に強いです。

私はキャストが下手なので、長いロッドではアキュラシーが低く、思ったところにルアーを落とせないのですが、何回かその場所にマニック75を通していると、ググっと手ごたえ。

すぐにバシュと水柱!

たまらん、たまらん。シーバスですね。

流れに乗って、思った以上にいいヒキをします。

フック小さめのマニック75、バレやしないかとヒヤヒヤでしたが、いつものように今日もタモを忘れた(笑)ので、陸地まで遠い道のりを曳航。

なんとかバラさずキャッチすることができました。

細身ですが綺麗な魚。

最近メバリングばっかりでしたが、やっぱりシーバス釣りも楽しいですね~!

まさかのバラシ!

この魚をリリースしてからは、風が強まり流れも変わってきたかということで、少し場所を沖向きに変えて釣り再開。

ちょっと水面が風でざわついてやりにくくなってきましたが、マイクロベイトを意識してルアーはそのままマニック75を投げ続けます。

なかなか思うように魚からの反応はありませんでしたが、地形変化のあるところをスローに引いていると、ググっとアタリ。

合わせると力強い首振り、シーバスです。

と思ったと同時に、魚が猛然とダッシュ。

先ほどのシーバスを釣り上げた時から全く触っていないので、同じ負荷設定になっているはずのドラグが物凄い勢いで滑ります。

PEラインは0.6号、フックは小さいマニック75なので、無理ではできません。

オープンエリアなので好きなだけ走らせればよかったのですが、コレじゃとても上がってこないと、ドラグを締め増し。

グググ、グググと竿がさらに大きく絞り込まれます。

と思ったら、急にふっと軽くなってしまいました。

ありゃりゃ、ライン切られたか?

巻いてくると、ラインもフックも異常なし。

ちょっとかかりどころが悪くて、針穴が広がってすっぽ抜けたのかもしれません。

これは残念無念、やらかしてしまった・・・

ということで、平日しごおわ後釣行、あまり長居はできないので、これにて納竿としました。

本日の釣りを振り返る

今日は遅い時間からのちょこっとウェーディングになりましたが、無事魚を見ることができてまあ満足。

前回釣行時のおチビちゃんでは微妙でしたが、このサイズなら無事4月もノルマ達成できたと言えますね。

最後に掛けた魚を獲れなかったのは残念でしたが、まあすっぽ抜けバラシはシーバスでは良くあることですので仕方ない。

ちょっと悔しいですが、まあ短時間で釣れたのでよしとしましょう。

ということで、またシーバス釣りもサボらずに来ようと思います。

大自然よ、今日もありがとう。

<タックルデータ>

ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント85TZ/NANO All-Range

ライトゲームカテゴリーの中で1本あれば何でもできてしまう一本。水面から中層、ボトムまで、あらゆるレンジをライトラインで攻略するための超高感度&パワーロッド。極細のPEラインを使用して、小物から大物まであらゆるターゲットを狙うことをコンセプトとしたファイナルウェポンとして仕上げました。ブランクにはナノアロイテクノロジーを採用し、ナチュラルな高感度性能と驚異のリフトパワーを実現。ファイト時の感度も良好で、不意の大物がヒットしても即座に頭の向きを把握し、アドバンテージを取ることが可能。

リール:シマノ ヴァンキッシュC2500SXG

#2500系ボディにコンパクトなスプール&ローターを搭載したコンパクトな#2500。XGギア搭載で巻上げ長は3000MHGに匹敵する86cm。より手返しを重視するならこのモデル。

ライン:シマノ PITBULL8+ #0.6

PITBULLの名を冠していますがその実MissionComplete後継でPITBULLとは別物の8本ヨリPEライン。基本性能の高さに加えて長持ちすることろも魅力。

リーダー:バリバス VEPナイロンショックリーダー #3.5

ナイロンの適度な伸びに、抜群の耐摩耗性能をプラスしたショックリーダーです。素材は通常の約20倍という超耐摩耗性能を誇るVEP製法ナイロン。全てのシーバスゲーム、ライトジギングに最適です。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *