密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

Newタックル最高の入魂式!春の西宮シーバスでひさびさの連発劇!

2022年4月2日土曜日

シーバス 西宮 釣行記

t f B! P L

 みなさまこんにちは!

3月は早々にノルマを達成していたため、しばらくシーバス釣りはサボっていましたが、先日届いたステラC3000XGの入魂式と年始に購入したエクスセンスMBの入魂式がまだでしたので、3月30日、ひさびさに重い腰を上げてシーバス狙いに西宮のいつもの浜に行ってみました。 

今回は、その釣行記です。

 今日は○○縛り!

ということで、しごおわ後、やや遅い時間からスタート。 

この日は中潮、17:50満潮で潮位125cmから、翌00:30干潮、潮位18cmまで比較的よく潮が動く日です。

バチパターンの釣りには理想的な干満ですね。

現場についてみると、お気に入りの場所には先行者が。

邪魔にならないよう、少し離れたところにエントリー。

サボってヒップウェーダーを穿いてきましたが、せめてウエストハイくらいにすれば良かったと到着早々若干後悔。

今日はこれまたサボって、フローティングベストではなくリバレイのサーフサポーターだけでお手軽装備の釣りなので、どのみちあまり深くは浸かれないからまあいいかな。

収納力と機動力を兼ね揃えたサーフ用ベルト ●ベルト本体にはルアーケース、プライヤーが収納可能なポケットが2個付属。●ゲームベストとの組合せを想定しファスナーは前面側に設置。付属のテープを取り外すし、RBBエアーライフポーチの取り付けが可能。●夏場の暑い時期にはサーフサポートベルト+自動膨張式ライフジャケットの組合せで軽装で快適な釣行が可能。

最近タックルも装備もだんだん拘りがなくなってきて、どうにも楽ちんに釣りをしようとしてしまいます(笑)

本日のタックルは、エクスセンスMB S88ML-5に’22ステラC3000XG、PE0.6号にリーダー3号と、まだ買ったばかりのものばかり。

今日が初登板の入魂式になる予定です。

使うルアーの方は、バチパターンを意識してマニック・・・と言いたいところですが、実は釣行前から決めていました。

今日は先日買ったばかりのヨイチ70Dietを使い込んで、早くインプレ記事を書きたいので(笑)コレ縛りです。

超人気!YOICHIシリーズに反則級サイズの切り札、登場。 YOICHIシリーズの基本性能はそのまま、初春~初夏のハクパターン、稚鮎やアミパターンなどをメインに色々な場面で使えるルアーに仕上がりました。70mmというサイズ感で、遠くの水面下10〜30cmをどんな速度でもキープできるこのルアーは、マイクロベイトパターンの表層攻略に効果絶大です!

ということで、早速スタート!

なんといきなりの大失態!

西南西よりの風で、イイ感じに流れが出ています。今日は釣れそう!

時折魚が跳ねていますね。あと、水面にライズも見える。

しかし、釣り人がシーバスのボイルだとかライズだとか言っているのは、ここ西宮の海ではほぼ90%くらいボラです(笑)

どうも手前側にはボラがうろついている様子。

今日はバチの姿は全く見えませんが、きっと流れてるんでしょうな。

超ひさびさのシーバス狙いなので、釣り方を忘れてしまってますが、立ち位置から南に向かってキャストして、ダウンクロスで順番に沖の流れを刻むように探っていきます。

一般的にバチでもマイクロでも、釣り雑誌やプロは「アップにキャスト」と言いますが、個人的にはダウンクロスが一番好きで、シンペンではほぼ100%この釣りばかりやっています。

理由は、ダウンクロスだと最も流れを感じやすく、シンペンにも揚力が働くのでゆっくりスローに誘えるからです。

ひさびさに握るシーバスロッドとC3000サイズのリールがどうにもゴツく感じられて扱いにくいですが、だんだん操作に慣れて来たかなという頃に、ググっとアタリ!

すかさずアワセると、水柱。

このヒキは間違いなくシーバスですな。しかもデカい!

ひさびさの西宮シーバス、強めのタックルなので、暴れさせないよう慎重にやり取りして、ようやく手前の浅瀬に誘導できました。

例の如くタモはもってきてません(笑)ので、グリップランディングしようと、水深20cmくらいのところでフィッシュグリップに手を掛けると、なぜか急にシーバスが激おこ!

バシャバシャ!ありゃ?!

急にロッドがふっと軽くなります。

あら!バレてしまった!

魚はまだ浅瀬にいます。あわてて追いかけましたが、自由な身になったことを悟ったのか、猛ダッシュで逃げていってしまいました。

 ありゃりゃ~勿体ない。めちゃ大きかったのに!

この時は何が起きたか気づいてませんでしたが、暴れてフックでも曲げられたかなとヨイチ70Dietをチェックしてみると、なんとベリーフックが無い!

浅瀬で激しく暴れたので、ベリーのスプリットリングが捻じ潰されて、フックが取れてしまったようです。

あららこれは大失態。魚には悪いことをしましたが、フックだけなら時間が経てば勝手に取れてくれますかね。

逃がした魚は大きい

浅瀬とはいえ魚と追いかけっこしてバシャバシャしてしまったせいか、その後ヨイチのフックをつけなおして再開しますが、なかなかアタリがありません。

しかし、他の釣り人も居るので場所移動するわけにもいかないので、同じ場所でしばらく粘ってヨイチ70Dietだけをひたすら投げ続けます。

30分ほど経過し、だいぶ潮が引いてきたころに、沖の流れでようやくググっと小さめのアタリ!やった! 

これもヒキからすぐにシーバスだと分かりましたが、しかし先ほどの魚と比べると全然パワフルさが違います。

とはいえ、遠距離なのでそこそこヒキを楽しんで、あがってきたのは銀ピカのフッコサイズでした。

先ほどの魚より大幅にサイズダウンしてしまいましたが、この時期サイズは選べません。

まあ、綺麗でよく太った魚です。

今時期のシーバスはあまり引かないですし、このサイズ程度ならメバルロッドで釣った方が正直楽しいですかね。 

とはいえ、これでようやくエクスセンスMBにもステラC3000XGにもヨイチDietにも無事入魂完了できました!

その後はちょっと場所移動

気づくと、先行者の方が帰られていたようなので、ちょっと場所移動。

とはいっても、ここは干潟。

別に釣れるポイントが決まっているということはなく、魚も特定の場所に居つくわけでもないので、どちらかというと、良さげな流れを狙って、キャストした時にその流れをうまく探れるようベストな立ち位置を求めて移動するといった感じです。

そこで、先ほどまで攻めたくても攻められなかったコース取りで、再びルアーを流して探ります。

それにしてもヨイチ70Diet、めちゃくちゃ使用感のいいルアーですね。

ここ数年の間にリリースされたシンペンの中では、文句なしにNo.1だと思います。

使い始めてすぐに使い方がわかるし、よく飛ぶし、適度な浮遊感ある泳ぎで、初心者の方でも扱いやすいシンペンだと思います。

これは追加購入してみないとな。

そんなことを考えながら、丹念に沖の流れを探っていると、再びググっとアタリ。

あわせると、直後に首振りしたので、コレもシーバスだとわかりました。

しかし、先ほどの魚とはえらく引きが違う。ちょっと大きいかな?

リールを巻き巻きしてくると、だんだんヒキが強くなる。

手前に寄せてきたと思ったら、沖に向かってまたダッシュ!

そんな感じで結構長めのファイトタイムを楽しみましたが、今日のラインは控えめな強度表記の割にはなかなか切れないシーバスPEパワーゲームの0.6号。

ちょっとお値段お高めですが、信頼感あるラインを使っていると、ちょっとヒキが強い魚が来てもゆとりをもってファイトできますね。

浅瀬に誘導して無事ランディング、結構デカいじゃないですか。これは大満足!

サボって軽装で来てしまったので、メジャーは以下記事の簡易なものしかもってきてませんでしたが、一応計ってみると68cm。

いや~たまらん!今日は来てよかった!やっぱりシーバス釣りは面白いですね~。

しかし、この魚をリリースした後、さらなるサイズアップを目指してキャスト再開したとたんにエアノットが発生したので、まだまだ釣れそうでしたが残念ながら納竿としました。

本日の釣りを振り返る

今日は少し遅めのスタートで、ポイント移動もあまりできない状況でしたが、ひさびさに大満足の釣果を得ることができました。

エクスセンスMBもステラも、非常にいい感じ。

しかしまあ、暖かくなったとは言え、まだまだ水温は低く魚の体力もイマイチ回復していない状況なので、MLのロッドにC3000のリールはちょっとオーバースペック気味で、例えるならご近所ヤクザとの抗争にバルカン砲持ち込むような感じですかね(笑)

まだしばらくは魚の体力もイマイチなので、もっと弱めのタックルでいいかなと思いました。

今日のヒットルアー、ヨイチ70Dietも事前の予想を裏切らないいい仕事をしてくれました。これは確実に追加購入しないといけません。

超人気!YOICHIシリーズに反則級サイズの切り札、登場。 YOICHIシリーズの基本性能はそのまま、初春~初夏のハクパターン、稚鮎やアミパターンなどをメインに色々な場面で使えるルアーに仕上がりました。70mmというサイズ感で、遠くの水面下10〜30cmをどんな速度でもキープできるこのルアーは、マイクロベイトパターンの表層攻略に効果絶大です!

今日はこのルアー一本をひたすら使い込んだので、またちかぢか、インプレ記事も書きたいと思います。

ということで、ひさびさに満足度の高い釣りができました。

まだ寒い日もあり日ムラもあるでしょうが、タイミングを見てまた釣査に来ようと思います。

大自然よ、今日もありがとう。

<タックルデータ>

ロッド:シマノ '20エクスセンスMB S88ML-5

S88ML-5 軽くて扱いやすい8’8"レングス。7~12cmクラスのミノーやシンキングペンシル、10~30gクラスのバイブレーションなどに適応。港湾、小中規模河川、汽水湖などのシーンで活躍。

リール:シマノ '22ステラ C3000XG(夢屋PE0820カスタムスプールを装着)

ついにベールを脱いだシマノ最高峰スピニングリール、'22ステラ。インフィニティクロス、インフィニティループ、インフィニティドライブ、アンチツイストフィン、DURAクロス、新形状スプールと6つの新たなフィーチャーを纏い、新たな歴史を作る!

ライン:東レ シーバスPEパワーゲーム デイタイム #0.6

号数:0.6号 / 全長:150m / 強度:12lb 6kg / 8本編み。 カラー:カモフラージュレッド。 独自の8本撚り製法+特殊シルキーコーティングを高次元のバランスで仕上げることにより圧倒的な糸本来のしなやかさを発揮。 キャスト時の糸鳴りを抑え、ガイド摩擦を軽減し「より遠くより正確に」ポイントを攻略可能。 カラーは海底や自然界に存在する海藻や赤クラゲをモチーフとしたアースカラーで、デイゲームでも視認性の良いカモフラージュレッドを採用。

リーダー:バリバス VEPショックリーダーナイロン #3

ナイロンの適度な伸びに、抜群の耐摩耗性能をプラスしたショックリーダーです。素材は通常の約20倍という超耐摩耗性能を誇るVEP製法ナイロン。全てのシーバスゲーム、ライトジギングに最適です。


今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *