密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

これは驚き!西宮湾奥、まさかのあのルアーで初めて魚が釣れました!

2022年4月23日土曜日

シーバス 西宮 釣行記

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

前回釣行では見事短時間勝負でシーバスを釣ることができました。

しかし、大物に逃げられてしまったのが悔しい!ということで、リベンジに再度西宮、いつもの浜にウェーディングでシーバスを狙いにいってみました。

今回はその釣行記です。

ひさびさにシーバスタックルを使ってみた

昨日はブルカレにヴァンキッシュC2500SXGというライト目のタックルで狙いましたが、昨日みたいに大物がくるかもと、今日はひさびさにシーバスタックルらしいタックルで出撃。

ロッドはエクスセンスMB S88ML-5に、'22ステラC3000XG、夢屋スプールには東レのシーバスPEパワーゲームデイタイムX8の0.6号を巻いています。

東レのこのライン、もう結構な期間使っていますが、耐久性もあるし糸鳴りもしないし、表記以上に引張強度も強い。

変なコーティング膨れやそれが剥がれることによる使用感の変化もなく、本当に素晴らしいラインですよね。

家にあるPEライン在庫を使い切ったら、もう今後はシーバス用はこのライン以外は一切買いません、というくらい、気に入っています。

タックルの話はそれくらいにして、早速実釣スタートです。

雰囲気は悪くないが

平日なのにやはりベストシーズンだからか、人が多いですな。

前日と同じ場所に陣取り、早速ウェーディング開始。

イイ感じで潮目が出来ていて、今時期はこういうところを小さめの表層系ルアーで探ると、居ればすぐ出るはずなのですが、出ません。おかしいなぁ。

まだ上げの時間帯で魚が入ってきてないんですかね。

結構粘ってみましたが、それらしいアタリが一度あったきりで、全然釣れる気配がない。

ボラやんは結構跳ねてるので、シーバスが近くをうろついてそうなんですけどね。

立ち位置が悪いのか攻め方が悪いのか、まだ時間帯が早かったのか。

いずれにしても、結構投げ倒したのに反応が少ないので、早くも疲れてきました。

まさかのあのルアーに!

気が付くと潮位も満潮付近に。

やっぱりシーバスタックルで投げ続けるとちょっと疲れますな。2日連続釣行ですし。

ちょっとこのままではボウズになりそうだと、大きく場所を変えてみることにしました。

移動した先も激浅ゾーンですが、魚が入っていれば釣れることもあるところ。

マイクロベイトの姿が見えますが、あまり怯えた様子などはなく、期待はできないかな。

流れもまったりした感じで、どうもフィーディングタイムって感じじゃないんですよね。

この水の動き具合だと、デッドスローに狙いたいところですが、ここの水深だとデッドスローでリトリーブするとルアーが水底を擦ってしまいます。

ということで、取り出したのはエクスセンス Coo70F。

COOは水深10cmのレンジを狙って開発された、水面直下特化型ルアー。シンペンの様な泳ぎなのに、フローティングで浮く。

自慢ではありませんが、Cooシリーズ、全サイズ持っているものの、一度たりとも魚を釣ったことがありませんw

ルアーケースに入っていたことすら奇跡、というくらい、普段使わないルアーなのですが、今の目の前の状況には合っていそうということで、コレ一本で探ってみることに。

キャストして、超デッドスローでのただ巻きを繰り返していると、突如竿先をひったくるようなバイト!

すかさず合わせると、走る走る。

ドラグが物凄い勢いで滑り、ラインが出されます。 

釣り上げたあとが大変だった

結構雑にファイトしたのに、魚が飛ばないなと思っていたら、あがって来たのはグッドサイズのキビレーヌ。

シーバスではなかったのでがっくりですが、これはこれでヒキが強くて楽しめました。

口元を見ると、Coo70Fをがっぷり半分以上丸呑みしています。 

エサだと思って後ろから追尾して食ってきた感じでしょうか。

Cooでも魚、つれるんですねw

しかし、ここからが大変。

今日携行しているフィッシュグリップは、シマノのフィッシュグリップR、で、フックリリーサーは、スタジオオーシャンマークのHR130S。

何が大変って、フィッシュグリップRは結構クロー部分が大き目、HR130Sは先端付近が太目、さらにキビレはCooを丸呑みしているため、このグリップで下あごを掴んだ状態だと、フックリリーサーHR130Sの先端部分で喉奥に掛かったリアフックを捉えることができず、フックが外せないのです。

HR165SよりコンパクトでTURN&HOLD切り替え機構を搭載したHR130S。トリプルフック#1/0〜#10、シングル#1前後のライトクラスに対応し、淡水・ソルトを問わず幅広いターゲットに使用可能なフックリムーバーです。

がっつり喉奥にフッキングしていたこともあって、全然外れそうにない。

フックリリーサーを、同じくスタジオオーシャンマークのプライヤー、OP145Lに持ち替えて試してみますが、リーチが足りなくてダメです。

このままでは魚を死なせてしまう!しかし、もうダメだ!

と思っていたら、一緒に釣りをしていたにっちゃんさんが手伝ってくれて、フックリリーサーHR165Sを貸してくれました。

2019年に登場したシーバス専用のフックリムーバーHR165S。初めての使用でもまるで使い慣れたアイテムであるかのようにスムースかつ安全にシーバスからフックアウトできる優れもの。当然質感含めたクオリティはすたジオオーシャンマーク製品だけに非常に完成度が高く、長年の相棒になってくれること間違いなしのアイテムです。

コッチの方だと、先端部分がHR130Sよりも細いので、なんとかキビレの喉奥のフックを捉えることができ、無事フックオフ成功!

なんとかキビレーヌを水に返してあげることができました。


本日の釣りを振り返る

今日も遅い時間からのちょこっとウェーディング、結局キビレーヌ一匹という結果になってしまいましたが、まあヒキを楽しむことはできたからいいかな。

それにしても、驚いたのは、Cooで魚が釣れたことw

しかし、単調なデッドスローただ巻きで、キビレは完全にエサだと思って食ってきてたようですし、今日のようなシーンではもしかしたら爆発力のあるルアーなのかもしれないですね。

ほぼ使ってなくて新品同様だったCooが、早速キビレーヌにカジカジされてしまって傷だらけになってしまったのが残念ですが、 今後は先入観を持たず、もっと使ってみようと思います。 

あと勉強になったのは、フックリリーサー。

私はHR165SとHR130Sの両方を愛用していますが、今日みたいなことがあると、やっぱりリーチが長く、単機能な分先端が細い作りになっているHR165Sの方がいいですね。

HR130Sの携行性も気に入っていたのですが、今日みたいなことがあると困ってしまいそうなので、今後はHR165Sの方を使った方がいいかなと思いました。

シーバスの姿を見ることができなかったのが残念ですが、まあ短時間でも楽しめたのでよしとしましょう。

ということで、また来ようと思います。

大自然よ、今日もありがとう。

<タックルデータ>

ロッド:シマノ エクスセンスMB S88ML-5

S88ML-5 軽くて扱いやすい8’8"レングス。7~12cmクラスのミノーやシンキングペンシル、10~30gクラスのバイブレーションなどに適応。港湾、小中規模河川、汽水湖などのシーンで活躍。

リール:シマノステラC3000XG

ついにベールを脱いだシマノ最高峰スピニングリール、'22ステラ。インフィニティクロス、インフィニティループ、インフィニティドライブ、アンチツイストフィン、DURAクロス、新形状スプールと6つの新たなフィーチャーを纏い、新たな歴史を作る!

ライン:東レ シーバスPEパワーゲーム デイタイムX8 #0.6

号数:0.6号 / 全長:150m / 強度:12lb 6kg / 8本編み。 カラー:カモフラージュレッド。 独自の8本撚り製法+特殊シルキーコーティングを高次元のバランスで仕上げることにより圧倒的な糸本来のしなやかさを発揮。 キャスト時の糸鳴りを抑え、ガイド摩擦を軽減し「より遠くより正確に」ポイントを攻略可能。 カラーは海底や自然界に存在する海藻や赤クラゲをモチーフとしたアースカラーで、デイゲームでも視認性の良いカモフラージュレッドを採用。

リーダー:バリバス VEPナイロンショックリーダー #3.5

ナイロンの適度な伸びに、抜群の耐摩耗性能をプラスしたショックリーダーです。素材は通常の約20倍という超耐摩耗性能を誇るVEP製法ナイロン。全てのシーバスゲーム、ライトジギングに最適です。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *