密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

モバイルだけど不満なし!ソアレ エクスチューン MB S76UL-S入魂式!なかなかサイズが出てくれました!

2022年4月19日火曜日

メバリング 神明方面 釣行記

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

先日、以下記事で購入記を書いたソアレ エクスチューン MB S76UL-S、早速入魂式をするべく、神明方面に行ってきました。

今回はその釣行記です。

遠い道のり

実は4月15日から4月25日まで、阪神高速3号神戸線はリフレッシュ工事の為、芦屋から摩耶の区間が通行止め。

この日4月16日は家内を北千里まで送ってからの移動になったので、明石方面への道のりは遠い。

実は先日、急な土砂降りで愛用していたハピソンのライト(以下記事)がまた浸水して壊れてしまったようで、このライトと、ソアレ エクスチューン のS76UL-T(2ピースチューブラーの方)を点検に出すため、釣具のブンブンに立ち寄りたかったので、箕面の国道171号線に出てから、ひたすら下道で目的地を目指します。

途中ブンブンで修理品を預けて、43号線に入ってからは芦屋でフィッシングMAXにも立ち寄り、ClearBlueのアジックを見つけて購入。

道もだいぶ渋滞していたのに加えて、そんな寄り道をしていたせいか、北千里を出たのは15時頃だったのですが、なんと釣り場到着は18時。疲れるなぁ~。

装備を整えて、釣り場に向かう途中、タモを持ってくるのを忘れたことに気づきましたが、いまさら車に戻っている暇はないということでそのまま前進。

やっぱり疲れてると忘れ物もしますよね。

ソアレ エクスチューン MBで早速釣りスタート!

現地到着時にはまだ日が沈んでいなかったため、まあメバルはまだ浮いてこないでしょうが、早速釣りをスタート。

ジグヘッドやプラグをいろいろ変えて投げてみて、キャストフィールや飛距離を明るいうちに確かめます。

物凄い強風でめちゃ寒い。

こうなることを予想して、明るいうちはまだ暑かったのですが、ウインドストッパー素材のグローブと冬用防寒着を着こんできていたのが大正解でした。 

4月とはいえ、やはり風のある日没後はかなり寒いですよね。

暫くルアー投げで時間をつぶして、次第に日が落ちて薄暗くなってきたので本気で釣り開始。

しかし、あまりの強風でまともにルアーをコントロールできません。

ラインも風の影響を考えてPE0.2号にしていましたが、それでも風で大きく膨らんでしまいます。

これはちょっと辛いなぁ。

踏ん張るルアーが必要か?

風向きはコロコロかわりますが、基本的には北よりの風の為、まともに正面とか真横から風を受けるわけではありません。

それはそれでマシといえばマシなのですが、追い風で意外と注意したいのはルアーのコントロール。

追い風でルアーの飛距離が伸びるのはいいのですが、ラインが風にはらんで、ルアーが必要以上に浮き上がるので、意外とリトリーブスピードの調整は難しいものです。

ラインが引っ張られてルアーが水面を滑走してしまいがちになりますし、コースもズレてしまいます。

本来なら普段の私のメバリングでは、以下3種のルアーをパイロットとして使用して、かならず3種どれかで釣果が出るという感じなのですが、今日はお気に入りのコレットやS.P.Mでは釣りにくいですかね。

もう少し水中で踏ん張りが効くルアーが必要そうです。

ということで、ジップベイツのザブラ ラファエルでサーチ。

結構飛距離も出るし、スローで浮遊感ある泳ぎが出来るルアーですが、ある程度水中での踏ん張りが効くタイプなので、今の状況では使いやすいかも。

ということで、このルアーでしばらく探っていると、ククっとアタリ。

しかし、コレはアワセが遅れてしまい、乗せられませんでした。

ラインが弛み過ぎてたようです。

もうちょっと、強制的にロッドとラインを一直線に出来るルアーの方がイイかもしれません。

適正ルアーウエイトオーバーのアレを使用

ということで、ソアレ エクスチューン MB のS76-UL-Sは、適合ルアーウエイト0.5~5gのロッドなのですが、それを超える7.6gのマニック75を出してきました。

まあ、シマノロッドは大抵、適合ルアーウエイトの上限の方は実際に投げられるルアーよりもだいぶ低い値に設定しているので、大丈夫でしょう。

感覚的に、バス投げしても大丈夫なウエイトを書いてるような気がしますね。

普通にソルトルアーでやるようなキャスト方法なら、キャストフォームを問わずにもっと上まで投げられます。

ということで、早速投げてみましたが、まあ、普通にいい感じにとばせます。

タフテック∞のしなやか系ソリッドの為、重ためルアーのキャストフィールはチューブラーの76UL-Tには及びませんが、コレなら十分安心して投げられそう。

ということで、マニック75をフルキャストした先で流れに乗せてドリフトしていると、さっそくググっとアタリ。

遠距離で掛けたので、Newロッドの曲がりを存分に楽しめます。

あがって来たのは、予想よりだいぶ小さめのメバル。

20cmに満たないこんなサイズでも、マニックを食いに来るんですね~。

このサイズでコレだけ曲がるなら、もっと大きいのを釣ったら楽しそうですな。

同じパターン?で2匹目を狙う

ということで、同じくマニックで2匹目を狙ってみます。

だんだんソリッドティップのキャストにも慣れてきて、フルキャストでの距離も稼げるようになってきました。

沖の流れに乗せていると、再びクククっと竿先に違和感が。

アワセてみると、うーん、いいヒキ!

ソアレ エクスチューンMBがさきほどより大きく曲がっています。タマラン!

で、あがって来たのはギリ25cmとどかないくらいかなって感じのメバル。

入魂2匹目にして大満足。

しかし今日は、タモだけでなくライトもメジャーも忘れてきちゃったんですよね。

まあ、自己ベストサイズよりは明らかに小さそうなので、いいか。

ということで、弱らないうちに即リリース。

ここまではイイ感じです。

まさかの魚も登場

いまどきバチパターンのシーズンでもあるので、マニックで表層流すってのがいいのかもしれませんなと思って、同じくマニックで探ってみることに。

すると、しばらくしてコツっと非常に小さいアタリ。

あわせると、乗りました。

グングン、コレも良く引くけど、なんかちょっとメバルっぽくない。

抜きあげて、念のため常備していた予備ライトで照らしてみると、ありゃ、赤い。

なんと太って大き目のガッシーでした。

長年ルアー釣りをしていますが、マニックでガッシーを釣ったのは初めてです。

流していたのは完全なオープンエリアの表層。

もしかして私が分かっていないだけで、投げ込んでいた沖に大きな沈み根とか藻場でもあったのでしょうか?

単に太っているだけなのか、産卵が遅れているのか見分けがつかないですが、この魚ももしかしたら子持ちかもしれないので、そおっとリリースしました。

あとがつづかない

その後は風と寒さがますますひどくなって、なかなかツラい状況に。

アタリはなんどかありましたが、しなやか系ソリッドだからといって、全て勝手にフッキングしてくれるわけではありません。

というのも、マニック75は普段シーバス用に使っているため、純正よりも結構太軸のフックに交換していたからです。

何度かアタリを乗せるのに失敗しているうちにそのうちアタリもなくなってきました。

潮位がひくくなってきたからか、明るすぎる満月が高い位置ににきてしまったからか、それとも、風が強くなって沖に向かって流れる潮が早くなって、魚が遠ざかってしまったのか。

先ほどまでも、ヒットゾーンはフルキャストした先だったので、もう届く範囲には魚はいないのかもしれないと、早めに納竿とすることにしました。

大潮はこんな風に、釣れるときは釣れるのですが時合いがやっぱり短い気がしますね。

本日の釣りを振り返る

今日は新しく買ったシマノ 2021年秋の新製品、ソアレ エクスチューン MB S76UL-Sの入魂式釣行でしたが、思い通りの良型が釣れて大満足。

ただ今日は釣れるポイントがえらく遠くで、一般的なメバリング用プラグで勝負できなかったのがちょっと残念。

あと、大潮あるあるですが、釣れる時合いが一瞬で終わってしまったのも残念なところですね~。

タイドグラフ通りに潮位が上がってくれていたらもうちょっと結果は変わっていたかもしれませんが、強すぎる北風のせいで、湾内の水がだいぶ南方面に押しやられてしまっていた感じでした。

しかしそれにしても、ソアレエクスチューンMB S76UL-S、想像以上にいいロッドでした。

オープンエリアのメバルプラッギングって、いままであれこれとロッドを変えて試してきた中、コレがベストかなって思っていたロッドはソアレ エクスチューン S76UL-T(チューブラー)でしたが、このソリッドのMB S76UL-Sも、使っていてかなり面白いし、使えるロッドだとわかりました。

今日はかなりの強風&ちょっと太軸フックを搭載したマニック75がヒットルアーだったので、しなやかソリッドの乗りの良さを最大限発揮することができず、何匹か掛け損じしてしまいましたが、一般的なメバリング用のプラグやジグ単での釣りであれば、このしなやかなソリッドは乗りもだいぶ良くなるはず。

本格的なインプレ記事はもうちょっと使ってみてから書こうと思いますが、S76UL-Tが入院中の代打としてはもちろん、その後も軽量ルアーではメインを張ってくれるロッドになってくれることは間違いなしだと思います。

ということで、高速道路の工事と潮の関係でしばらくメバリングは行けないかもしれませんが、また早くつかってみたいなぁ。

寒かったけど、いい釣りができた一日でした。

大自然よ、今日もありがとう。

 <タックルデータ>

ロッド:シマノ ソアレ エクスチューン MB S76UL-S

本気過ぎるパック&トラベルロッド。持ち運びしやすいコンパクトな仕舞寸法でありつつ、妥協なく性能を追い求めたソアレ エクスチューンMB。軽くて強いブランクスを実現するスパイラルXコアを基軸に、さらなる軽量&高感度化をもたらすカーボンモノコックグリップ、トラブルを激減させ飛距離の向上に貢献するXガイドなど、シマノ独自のテクノロジーによって基本性能が飛躍的に向上しました。また継目の多さを感じさせない美しい曲がりも成し遂げました。モバイルロッドにありがちな、重さ・ダルさ・不快な曲がり・強度の低下を打破。極みを追い求めるアングラーに本物の1本をお届けします。

リール:シマノ '22ステラ C2000SHG (夢屋スプール、夢屋CI4+ハンドル装着)

ついにベールを脱いだシマノ最高峰スピニングリール、'22ステラ。インフィニティクロス、インフィニティループ、インフィニティドライブ、アンチツイストフィン、DURAクロス、新形状スプールと6つの新たなフィーチャーを纏い、新たな歴史を作る!

ライン:東レ ソルトライン スーパーライトPE#0.2

ライトゲーム専用ブレイド設計により、適度なハリとしなやかさを実現。優れた操作性・キャスタビリティを発揮する。アタリや水中の動きをアングラーに明確に伝える超高感度仕様。遠投重視の細号柄展開。飛距離を最大限に伸ばし、沖のポイントも攻略可能。視認性に優れ、ナイトゲームでも見やすいゴールデンオレンジを採用。

リーダー:サンヨーナイロン アプロード ナノダックスショックリーダー #1.0

比重:1.14、フロロ、ナイロンに勝る絶対強度で最大40%の結束強度UP!ナイロンそのままのソフトな使用感ながら伸びはフロロ並みに少な目の新感覚リーダー!1.2号太さで7lbという高い引張強度は大きな魅力です。

なお、タックルやルアーなどのインプレ記事は姉妹サイト「続・スモールフィッシング」で書いています。よろしければこちらのサイトもご覧になってみてください。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *