密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

またしても惨敗!1月中旬神明間、暗闇ライトゲーム!

2022年1月16日日曜日

アジング メバリング 釣行記

t f B! P L

 みなさまこんちには。

代表画像

以下記事で書いた今年のライトゲーム初釣りはどうにもイマイチな結果でした。

去年も全く同じコトを思いましたが、やはり年が明けるとアジはダメですな。

きっと淡路島とか遠征したらまだいけるんでしょうし、神戸みたいに水深のある場所なら可能性もありそうですが、ワタクシが行けるようなお手軽釣り場はもう期待薄。

しかし、最近アジングそのものよりもジグ単タックルでチョンチョンすること自体が楽しくて仕方なく、もはや魚が釣れなくともチョンチョンしに行きたい!ということで、1月15日(土)、ダメ元でまたまた行ってきました。

今回はいつもと場所を変えて暗闇アジング。

ただでさえアジが居るかどうかわからない釣り場ですが、イチかバチかの勝負に出てみましたので、その釣行記です。

 

1月でもアジは釣れるのか?

ちょうど日暮れからスタート。

1月も半ばになると、結構日が長いですね~。

17時半を過ぎてもまだうっすら明るい。

大潮ですが、既に潮はひき始めているようです。

勝手知ったる場所ではありますが、今時期にアジが居るかどうかはわかりません。

今回の場所は、ちょっと足元に根が張り出しているところなので、ロッドは先日記事に書いた’20ソアレエクスチューンS610SUL-Sをチョイス。

とりあえず無難に自作0.9gジグヘッドからスタート。

もう寒いので、居るとしても低層のほうだろうと考え、カウント20からスタートします。

しばらくアタリが無いので、カウント5ずつレンジを下げて探りますが、どうやら今の潮位だとカウント35くらいでボトムについてしまうようですね。

思ったより浅いですなぁ。

で、ボトムを探っていると早速アタリ。

上がってきたのは安定のガッシー。

ガッシー

グレ釣りやってた頃もそうでしたが、ガッシーは寒さに強いのか、他の魚が居なくなったころでも関係なく、一年中お相手してくれますね。

リリースして再び同じように探っていると、ガッシーばかりがアタります。

うーん、ガッシーも良く引いてくれるし、とりあえずボウズ逃れになってありがたいのですが、これじゃあ埒があきませんな。

 

アジはもう諦めた!メバルやるべ!

1時間ほどガッシーと戯れて、ダメだコリャ、やっぱりアジは居ないなと、メバリングにチェンジ。

といっても、同じジグ単タックルで上の方を巻きの釣りで攻めるだけなんですが。

ソアレエクスチューンS610SUL-S、チョンチョンするアジングの釣り方でもいい感じですが、巻きの釣りでもとても使いやすい。

ハイレスポンスソリッドのティップはややハリが強いタイプなのですが、このロッド、全体のバランスは非常にしなやか寄りなので、軽いジグヘッドでもとても扱いやすく、一般的にアタリ感度優先でハリの強いタイプが苦手とする潮感度の方もとてもいい。

使っていると意外にも、全然キャラクターは違うロッドですがヤマガブランクスのブルーカレント71にちょっと相通じる使用感がありますな。

てなことを考えながらジグヘッドを巻き巻きしますが、アタリはありません。

既にあたりはとうに真っ暗になっているので、浮いてくるかと思いきや、そんなことないみたいですね。

もしかしたら澄潮+明るすぎる月明りのせいで、ちょっと警戒して上に上がってきてないのかも知れません。

ということで、少しレンジを入れて探ります。

すると、カウント15のレンジでアタリ。

一発目は油断して、バラシてしまいます。

しかし、今のアタリは絶対メバルっぽい! 

もう一度同じことをしたら釣れるだろうと、同じくカウント15でスローリトリーブしていると、再びアタリ。

クククっと小気味よいヒキで上がってきたのは、小さめのメバル!

メバル

なんとか対象魚が釣れました。 

で、この魚をリリースして、もう一度同じコトを繰り返して狙います。

すると、さっきよりだいぶ小さな子メバル。ありゃ?なんで? 

小さいので写真も撮らずにリリースして、再び同じ攻め方を。

すると、再びカカッとアタリ。

あわせると、ん~?ヒキが弱い。

と思ったら、なんとまあ、親指くらいの子メバル通り越して稚魚メバル(笑)

メバル

どんどんサイズダウンしていきますなぁ。

その後、場所移動しあちこちうろうろして、堤防際などにメバルが居ないかチェックして回りましたが、小メバルを数匹見掛けただけ。

そういうわけで、今日はもうダメっぽいなと、早めに納竿としました。

 

本日の釣行まとめ

毎年1月くらいになると、釣り雑誌でもライトゲーム記事が増えてきますが、冬場にライトゲームが釣れるってのは半分嘘ですな。

去年から釣査を続けて改めて思いましたが、少なくともワタクシの行動範囲では、12月はよく釣れますがやっぱり1月初旬を過ぎたらアジはもちろんメバルもだんだん豆サイズしか釣れなくなってきて、ダメになってくるようです。

ということで、冬アジングはきっともうシーズンオフ。メバリングもちょっとお休みですかね。

次は2月になるか3月になるかわかりませんが、大きなメバルが釣れるような時期になったらライトゲームを再開しようと思います。

それまでの間は大人しく本職?の浜シーバスでもやるかな。そろそろ釣れるシーズンになるはずですし。

ということで、次の記事はおそらくシーバス釣行記になると思います(笑)

またしても惨敗で釣果はイマイチすぎますが、まあ思い通りにチョンチョンできたし、楽しめました。

一応魚も釣れたのでヨシとしましょう。

 大自然よ、今日もありがとう。

 

<タックルデータ>

ロッド:シマノ '20ソアレエクスチューン S610SUL-S

曲がりながらも掛けに行ける610。そのしなやかさはすべてのアングラーに優しく、近年の玄人をうならせる“曲がる”アクション。1ft分の余裕はリグ重量に幅を持たせ、障害物周りでの操作性、やり取りの安心感を感じさせる。メタルジグとの相性も良いアイテム。

リール:シマノ '18ステラ C2000SHG

もはや説明不要のシマノ最高峰スピニングリール。特に繊細な巻きを要するライトゲームにおいては、圧倒的な巻きの滑らかさと質感を持つステラが絶対有利だと思います。

ライン:YGK チュルムアンバーコード SG D-PET #0.4

0.25号において、S-PET糸径0.088mmに対し0.085mm、破断伸度18%に対し19%。 Ave強力0.61kgfと、直線強力はS-PETに劣るものの単純結束強力は0.60kgfとなり直線・結束強力比率は99.4%に達しS-PETを凌駕する、糸質・糸径安定性を誇ります。 この安定性がセンシティブゲームでの不意のラインブレイクを抑制し、アングラーの研ぎ澄まされた感覚に見事に応えます。更に特筆すべきは、LZP糸質改善技術によるそのしなやかさです。エステルラインの概念をも打ち崩すしなやかさが、巻きグセ・チヂレを抑制しラインに直線性を与え、飛距離と感度を劇的に向上しストレスフリーな釣りの展開が可能となりビッグアドバンテージへと導きます。

リーダー:クレハ シーガープレミアムマックス #0.8

フロロなのにしなやかで通常の同号数フロロより1ポンド程度強度が高いのが特徴!フロロショックリーダーの決定版ともいえるアイテムです。

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *