密林のお買い得釣具を検索!

Amazonのお買い得釣具を簡単検索!

【釣行の思い出】第一話 私の釣りの原点

2022年1月17日月曜日

釣行の思い出 釣行記

t f B! P L

 みなさまこんにちは。

代表画像

このブログ「スモールフィッシング」は、新ブログ開設のご挨拶で書いた通り、私が普段釣行している阪神間のシーバスと、神明間のアジング・メバリングを中心にした釣行記がメインのブログです。

社会人になって以降は、仕事で忙しいという事もあり、ほぼ釣りといえば近所の海のルアーフィッシングばかりになってしまいましたが、それ以前は磯、波止、船、イカダ、 淡水(餌・ルアー)など結構幅広くいろんな釣りを楽しんでいました。

特に磯釣りは中学生から社会人になって以降まで、非常に長い間のめりこんでしまい、大会選手としてテレビにも2回出たことがあります。

その頃はもちろん今のようにスマホやケータイ、デジカメなどもありませんでしたし、インターネットが普及する前の話なので、インスタやTwitterはおろか、ブログのように記録するものもありませんでしたので、それら数々の釣りの記録といえば、自分の頭の中に残っている記憶ぐらいです。

しかし、写真などが残っていなくても、日本各地でいろいろな魚と巡り合った思い出は、それらひとつひとつ、数十年経過した今でも鮮明に残っています。

新しいブログを立ち上げた時に、ちょっと書いてみたいなと思っていたのが、これらの思い出について。

自分の人生を彩りある豊かなものにしてくれた釣りという趣味の魅力を、少しでも多くの人に伝えたい、いや、誰かの目にとまることが無くとも、どこかに書き留めておきたいということで、【釣行の思い出】シリーズとして、昔の釣行記も記憶にある限り書いていきたいと考えています。

写真や動画が主流の昨今にあって、記憶頼みの文字の羅列と地味な内容になってしまいますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

私の釣りの原点

その【釣行の思い出】シリーズの第一弾は、私が魚釣りと出会った時の事。

私が小学校一年生だったころの夏休み、家族旅行で訪れた四国の愛媛県での出来事で、もうかれこれ40年以上前の事です。

当時、本州四国の連絡橋などはありませんでしたので、愛媛県に行こうと思ったら飛行機か海路。

家族旅行では、サンフラワーという大型フェリーで四国に渡りました。

確か当時は、夜に出航して翌日朝に港に着く、そんな感じだったと思います。

昼間に海水浴をした後、泊ったホテルは確か宇和島周辺の、シーパレスという名の海辺のホテル。

その宿、敷地の裏手に浮桟橋みたいなものを持っていて、そこで魚釣りができるからと、ホテルのロビーで貸釣竿を置いていたのです。

これが、私と釣り竿との初めての出会いでした。

子供だった私は、それが有料だったのか無料だったのかも知る由もありませんが、その場ですぐ「魚釣りをやってみたい」と両親に伝えて、翌朝、その浮桟橋で釣りをすることになったのです。

翌朝、朝食がおわったら早速その浮桟橋へ。

今と比べるといろいろなことがおおらかだった時代、もちろんライフジャケットなどを着ることもなく、家族で桟橋に乗って釣りをはじめます。

海

エサは宿でもらった魚の切り身。

貸竿はスピニングリールがついた竿だったのですが、後になって親父が気づくまで、ベイルを返して糸を出すという事を知らなかったため、当然狙うのは足元の浅いところだけ。

もちろん、針から魚を外すのも、餌をつけるのも親父の仕事でしたが、糸を垂れると、臭いにつられてか色とりどりの小魚が足元によってきて、切り身をつつきはじめます。

海上から見える魚の中でも、コバルトブルーの魚(ルリスズメダイ)の鮮明な青色には、非常に強く印象付けられたのを今でもはっきり覚えています。

ルリスズメ

アワセるという概念も分かっていませんでしたので、魚が食べているところを海面上からみて、「いまだ!」と思った時に引っ張り上げる、そんな感じの釣りでした。 

それでも、魚が食いついた瞬間のブルブルという振動、そして魚が掛かった時のヒキに、時が経つのも忘れて餌の切り身がなくなるまで夢中で釣りを続けました。

当時は何の種類の魚かわかりませんでしたが、スズメダイ、オヤビッチャ、サンバソウなど、いろんな魚がたくさん釣れたよう記憶しています。

スズメダイ

これが、私と釣りとの最初の出会いでした。

この時以来、親におねだりして釣り入門書や魚類図鑑を買ってもらい、それらを読み漁りました。

今思うと、この旅行は私のその後の人生を大きく変えた旅でしたね。

それから約20年後、成長して社会人になった私は、その釣りの原点となった地を再び訪れてみましたが、残念ながら思い出のホテルは既に営業されておらず、朽ち果てた建物だけが残った廃墟と化していました。 

(おしまい)

今週の人気記事

今月の人気記事

検索

Blog Archive

自己紹介

自分の写真
大阪府在住。小学生の頃から40年以上、磯波止筏船を中心に様々な釣りをやってきましたが、2010年にウェーダー購入して以来、ほぼ毎週大阪湾奥西宮の海でウェーディングでシーバスを狙いつづけています。2020年からは本格的にメバリングとアジングにも参戦中!子持ち40代のオトーサンアングラーです。ちなみにタックルはシマノ党、車はBMW党。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *